マネックスグループの経営方針

当社グループはオンライン金融事業を営むマネックス証券株式会社(日本)、TradeStation Group, Inc.(米国)及びコインチェック株式会社(日本)を中核子会社として、その他国内外に金融関連の子会社及び持分法適用会社を有する持株会社です。当社グループは、 企業理念および行動指針を基に、個人投資家の日々の生活及び資産形成に必要な総合金融サービスの提供を目指していきます。

 

企業理念

マネックスグループ 行動規範

マネックスグループ 人権方針

 

ESGの基本的な考え方

企業理念に基づき、当社が中長期で取り組む事業領域に関連するESG課題を本業のなかで取り組むことで、持続的に企業価値の増大を目指します。

当社のESGへの取り組み

サステナビリティ・ステートメントの宣言

マネックスグループは、ESG/サステナビリティへの取組みについての考え方を「サステナビリティ・ステートメント」として定め、本ステートメントに基づき、当社取締役全員が持続可能な社会の実現への貢献にコミットいたしました。

【MONEX サステナビリティ・ステートメント】

マネックスグループの社名であるMONEXとはMONEYのYを一歩進め、一足先の未来における人の活動を表わしています。そして、私たちMONEXの企業理念は、常に変化し続ける未来に向けて、最先端のIT技術と、グローバルで普遍的な価値観とプロフェッショナリズムを備え、新しい時代におけるお金との付き合い方をデザインすると共に、個人の自己実現を可能にし、その生涯バランスシートの最良化を目指すことです。

 

私たちMONEXは、世界の人々の自己実現を可能にすると共に、環境および社会のサステナビリティ(持続可能性)に貢献したいと考えています。そして私たちは、現在および常に変化し続ける未来において、お客様と従業員の多様性を尊重し、様々なステークホルダーと共に社会的課題の解決に取り組み、新しい価値を創造することにより、持続可能な社会の実現に貢献することにコミットします。

 

私たちMONEXは創業以来、ESG/サステナビリティの観点を事業に取り入れてまいりました。今後も引き続き、環境負荷を抑制するなど、環境に優しいオンライン金融事業を中心に、独立社外取締役が過半を占める指名委員会等設置会社としてコーポレートガバナンスの更なる改善を図り、ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン(DEI)を基軸とした人材の多様性と創造性を一層強化します。また、アクティビストファンドによる上場企業へのエンゲージメント活動を通じて、投資先企業のガバナンスを改善し、企業とそれを取り巻く社会の持続可能性の向上に貢献します。更に、サステナブルファイナンス事業の推進により、環境および社会へのネガティブインパクトを低減し、ポジティブインパクトを創出します。

 

これらの取り組みを通じ、企業理念の具現化を目指してまいります。

 

2021年6月26日

マネックスグループ株式会社取締役会

 

マテリアリティ・マトリックス

当社グループ独自の経営課題と社会課題の解決を目指し、各ステークホルダーからの当社に対する要請や意見を集約し、当社グループのステークホルダーにとっての重要度を縦軸に、当社グループの業績に与える影響についての重要度を横軸とした「マネックスグループのマテリアリティ・マトリックス」(以下、マトリックス)を策定しました。

 

マテリアリティ・マトリックスの特定プロセスについては、下記の通りです。

  1. 当社グループの各ステークホルダー(当社の株主、従業員、お客さま、取引先・サプライヤー、NGO・業界団体、政府)のニーズを踏まえて各項目を抽出
  2. 当社グループの事業への影響をマッピングしたマトリックス案をESG推進事務局内で策定
  3. 取締役会における議論を経て修正し確定
マテリアリティ・マトリックス

 

ESG推進体制

当社グループがESG活動に本格的に取り組むに当たり、社内組織であるESG/サステナビリティ推進タスクフォースが中心となり、定期的にESG活動を当社取締役会に報告し、承認を受けながら、各種課題の取り組みとESG情報開示を推進しています。

執行役によるESG活動の推進

当社グループが本業のなかで取り組むべき重要な項目は、執行役の管掌範囲において、事業課題を解決していくべきとの考えから、 各執行役が各カテゴリーの推進責任者となり、目標を設定、推進しながら、各種課題に取り組んでいます。

 

マトリックス内の重要な項目と推進責任者

 

ESGデータ集

マネックスグループの事業活動に関するESG(環境・社会・ガバナンス)データをまとめています。