ART IN THE OFFICE 2021 作品「Near and Far(IN THE OFFICE)」

ART IN THE OFFICE 2021 作品「Near and Far(IN THE OFFICE)」
拡大
「ART IN THE OFFICE 2021」作品が展示されているプレスルーム(GALAXY)

※画像の無断転載・複製を禁じます。

「ART IN THE OFFICE」プログラムとは

「ART IN THE OFFICE」は、現代アートが未開拓の表現を追求し、社会の様々な問題を提起する姿勢に共感し、当社を通じて現代アートの新進アーティストを支援する場づくりをしたいとの想いから、2008年より当社が社会貢献活動並びに社員啓発活動の一環として継続して実施しているプログラムです。2021年度は、157の応募作品案の中から、閉塞感漂う世相に刺激を与え、コロナ禍という困難な時代において、柔軟な発想と独自の手法を用いて新たな表現に挑戦している点が高く評価されたことにより、中田 有美氏の作品「Near and Far (IN THE OFFICE)」が受賞作品として選出されました。

吉田桃子氏

作品:中田 有美/「Near and Far(IN THE OFFICE)」

トロマット生地にインクジェットプリント、キャンバスに油彩/サイズ可変

 

※画像の無断転載・複製を禁じます。

中田 有美氏 コメント:

 

「マネックスを会社ではなくひとつの<人格>と仮に考えた時、何がその人格を作るのだろう?」


そうした想像をこれまで制作してきた手法を用いて作品にしました。作品の制作の前に、社員の方々から私写真をお預かりして、それぞれに込められた思いを伺った上で、それらを繋ぎ合わせ、「出会いを待つ人の物語」として文章を書き起こしました。個々の写真がひとつの小さなチャプターとして登場し、全体では大きな物語として目で感じられるように、文章に合わせてコラージュし、画像作品を広告用生地に出力したものを壁一面に展示しています。加えてこの画像作品と、お預かりした私物をもとに制作した3点の油彩画も展示しています。作品の中のひとつひとつのピースを近くから、また、遠くから見渡した時の色や形の重なり合いを、隣にいる方とおしゃべりしながら楽しんでいただければ幸いです。この作品に関わって下さった皆様や作品を見て下さった方々が、これから新しい物事に出会い、また新たな思い出を重ねていかれますことを願っております。

中田有美氏

中田 有美氏プロフィール

1984年奈良県生まれ。2016年京都市立芸術大学美術研究科博士課程(油画)修了。近代までに描かれた自画像をリサーチし、描き手の目線からその成立構造を分析した博士論文「不可能な自画像――不可視のわたしと世界の不可視を見るための方法」で梅原賞を受賞。主な展覧会に、『NEW JAPANESE PAINTING』(2020年、MIKIKO SATO GALLERY、ハンブルグ)、『TO SELF BUILD』(2019年、BnA Alter Museum SCG、京都)、『絵画の現在地』(2018年、札幌大通地下ギャラリー500m美術館)、NEW INCUBATION 8 伊藤 隆介×中田 有美『ジオラマとパノラマ ――Diverting Realities』(2016年、京都芸術センター)などがある。京都市立芸術大学油画専攻非常勤講師。

中田 有美氏 website:https://nakatayumi.tumblr.com

 

「ART IN THE OFFICE 」受賞作品一覧

これまでの「ART IN THE OFFICE」プログラムの作品および審査結果をご紹介しております。

ART IN THE OFFICE 2021
(第14回)

ART IN THE OFFICE 2020
(第13回)

ART IN THE OFFICE 2019
(第12回)

ART IN THE OFFICE 2018
(第11回)

ART IN THE OFFICE 2017
(第10回)

ART IN THE OFFICE 2016
(第9回)

ART IN THE OFFICE 2015
(第8回)

ART IN THE OFFICE 2014
(第7回)

ART IN THE OFFICE 2013
(第6回)

ART IN THE OFFICE 2012
(第5回)

ART IN THE OFFICE 2011
(第4回)

ART IN THE OFFICE 2010
(第3回)

ART IN THE OFFICE 2009
(第2回)

ART IN THE OFFICE 2008
(第1回)